シカゴの四ッ玉(40mm)

Category : ステージマジック


1個のボールが指の間で自由自在に増えたり減ったり!
さらに手から手に移ったり、ポケットに仕舞ったはずのボールが再び手に戻って来たり…最後には全ての指の間に4個のボールが鮮やかに現れます!

「ビリヤードボール」とも呼ばれるこのマジックは、フランスのボーティエ・ド・コルタによってその原型が作られ、その後、ネルソン・ダウンズやカーディ二など、多くの達人によって練り上げられて来たスライハンドマジックの定番です。中でも、ボールの色が次々と変化し(カラーチェンジ)、最後は両手にいっぺんに8個の玉が現れる、島田晴夫の「八ッ玉」の手順は最高傑作とされています。
ちなみに“シカゴの〜”という名前の由来は、これを得意としたロターバーグがシカゴ出身だからだと言われています。

習得にはかなりの時間を要しますが、マジックの基本技法が数多く含まれており、マジックをやるならば絶対に覚えておくべき必須アイテム!
説明書には、基本の技法と手順が解説されています。

(セット内容:ボールの直径:40mm×4個、シェル×1個、説明書)

販売価格 3,000円(税込3,240円)
購入数
色、補充品
オプションの価格詳細はこちら

この商品について問い合わせる
この商品を友達に教える
買い物を続ける

オススメ関連商品

Cart

カートを見る

Search

Category

Mail Magazine