【復活】レインボー20世紀シルク

Category : ステージマジック


その名の通り、シルクマジックの最高傑作!
誰にでも失敗なく出来て、絶対に拍手が沸き起こる…「簡単」「確実」「効果的」と三拍子揃った素晴らしいマジックです。

2枚の赤いシルクをよく見せ、両端を結んでグラスの中に入れてテーブルに置いておきます。(グラスは観客に預けておいても構いません)
次に、カラフルに染められたレインボーシルクを取り出し、手の中に入れて揉んでいると…なんとシルクは溶けるように消えてしまいます。
さて先程の赤いシルクの入ったグラス、演者は一切触れていないはずですが…シルクの隅を持って引き出すと、なんと2枚の赤いシルク間にレインボーシルクがいつの間にか結ばれているのです!



アメリカのフランク・デュクロによって考案されたと言われるシルクマジックの最高傑作!
シルクのサイズ、色、デザインから、演技の手順に至るまで…完璧に計算し尽された、一切の非の打ちどころのないシルクマジックです。さらに、別売の「ファウンテンレインボー」と組み合わせれば、最高のシルクマジックルーティンになる事必至!
様々なシチュエーションに応じた効果的な演出や台詞は、ぜひ店頭にて“ビリースタイル”の実演をご覧ください♪

※動画は「ファウンテンレインボー」「紙吹雪」と組み合わせた演技です。 (「シルク大(約45cm角)白、緑」(「シルク特々大(約90cm角)白」は別売りです)

* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *

2017年に突如製造中止となってしまい、もう入手不可能と思われていましたが…粘り強い交渉の甲斐あって、この度ディーラーブース専用商品として奇跡の復活を果たしました!

ちなみに「ファウンテンレインボー」とのセットをご購入の方に差し上げている、当店限定オリジナル演技・解説DVD(非売品)では様々なノウハウを紹介していますが、特別にその一部をここでご紹介しちゃいます。

-------------------------------------

〜“ビリースタイル”の工夫〜

【シルクの色を換えて行う利点】

2枚の赤いシルクの内、1枚を別の色に変える事で様々な演出が可能です。

例えば「赤・白」の組み合わせにすると、結婚披露宴での余興に最適です。赤を新婦、白を新郎に見立て、「本日お二人はめでたく結ばれました!」といった台詞で演じると、正にこの日のために用意した特別な演技となります。
赤と白の組み合わせ(紅白)は見た目に華やかなので、その他様々なお祝いの席で演じるのにもピッタリです。
また「赤・緑」の組み合わせはクリスマスカラーという事で、12月の忘年会やX'masパーティー等にいいでしょう。

…と、ここまでは表側のお話。
実は演じる際に非常に役立つもう一つの裏側の事情があるのです…!

※【注意!】ここからは「レインボー20世紀シルク」の仕組みをご存じの方に向けた内容となります。

2枚の赤いシルクを結び、軽く丸めてグラスに入れ、その後レインボーシルクを掌中で揉んで消してしまいます。
消えたレインボーシルクが先程結んだ2枚の赤シルクの間に瞬間移動した事を示すため、片方の赤シルクの端をつまんで引き出しますが…この時どちらのシルクの端をつまむかによって二通りの見え方が存在します。

実際に試してみると分かりますが、「セットしたシルク」の端をつまんで引き出すと、構造上どうしても3枚のシルクがアシンメトリー(非対称)な状態で出て来るため、見た目にあまりよろしくありません。
逆に「セットしていないシルク」の端をつまんで引き出すと、3枚のシルクがそれぞれの対角線で結ばれた一直線の状態で出て来るため、非常にスマートなディスプレイとなるのです。

さてここで一旦少し戻ります。
結んだ2枚のシルクを丸めてグラスに入れる時に、2枚が同じ色だと、グラスを回して示したりその後レインボーシルクを消したりしている内に、どちらの端が「セットした(していない)シルク」なのか区別が付かなくなってしまう事があります。
そこで1枚を違う色にする事によって、間違いなく「セットしていないシルク」の端をつまむ事が出来るという訳です!

-------------------------------------

…と、このように、演技を一段高めるためのノウハウが演技・解説DVDには多数収録されています。
この【復活】を機に、現在ご使用のものを“練習用”にして、“本番用”として「ファウンテンレインボー」とのセットをぜひご検討ください!

販売価格 3,200円(税込3,456円)
購入数

この商品について問い合わせる
この商品を友達に教える
買い物を続ける

オススメ関連商品

Cart

カートを見る

Search

Category

Mail Magazine